一番抜けるエロアニメ動画

抜けるエロアニメを紹介 一番抜けるエロアニメを決めようか

黒獣~気高き聖女は白濁に染まる~

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ 驚愕の陰惨劇 清楚可憐な幼き姫が虜になったのは、黒光りした生殖器編

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ 驚愕の陰惨劇 清楚可憐な幼き姫が虜になったのは、黒光りした生殖器編
発売日: 2018/12/28
黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~
黒犬傭兵団に砦が攻め落とされ、彼らに捕らわれたアリシア。
かつての腹心ベアズリーから、
そして傭兵団からも陵辱を繰り返される日々を過ごしていた。
ベアズリーから向けられる歪んだ欲望。
信頼していた相手に裏切られ、
純潔を守ってきたその身は白く汚されていく。
時には磔(はりつけ)にされ見世物のように犯されることも。
剣と忠義に生きてきた彼女の体に、メスとしての快楽が刻み込まれる。
かつては女神と崇めたセレスティンの痴態すらも目の当たりにし、
その心は壊されていく。
そして遂に、最愛のプリムまでも……。
続きを読む

黒獣~気高き聖女は白濁に染まる~ 戦慄の乱交劇 高潔な姫騎士の白い柔肌に食い込むのは、怒張した切先編

黒獣~気高き聖女は白濁に染まる~ 戦慄の乱交劇 高潔な姫騎士の白い柔肌に食い込むのは、怒張した切先編
発売日: 2018/08/10
戦慄の乱交劇
この地上において唯一にして最大の大陸、オスティア。
その地を二分してきた長き戦いは、未来を見通す白き女神セレスティンの
導きにより終わりを迎えた…はずだった。
聖アイリス騎士団長であるアリシア・アルクトゥールスの目の前で、
黒獣団によって修道女達が汚されていく。
ヴォルト「お前らは新たに誕生する奉仕国家の収入源だ。
いい子にしりゃあ、大事に扱ってやる」
ベアズリーにタガーを首元に突きつけられているアリシア。
椅子に座るヴォルトの上で激しく突き上げられているセレスティン。
オリガ「白き女神だとなんだと崇められてはいてもひと皮剥けばこの通り」
セレスティンの股間に顔を埋める。
それに合わせて、クロエがセレスティンのローブの胸元に手を差し入
れて広げる―熟れた乳肉が弾む。
オリガ「ご覧なさい、このいやらしいカラダ」
剥き出しの男根をそり返らせるヴォルトが近づいてくる。
脚を広げられたセレスティンの傍らには
生贄を差し出すかの如きオリガとクロエ。
オリガ「種付けの時を待ち焦がれていますわ」
続きを読む

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ ~クラウディア×セレスティン 義父との関係。女神が堕ちる朝には…編~

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ ~クラウディア×セレスティン 義父との関係。女神が堕ちる朝には…編~
発売日:2014/01/31
1
奉仕国家、建国完了!? 戦の償いは女神の熟れた身体で!!
巨大傭兵団・黒犬を率いるヴォルトは、“奉仕国家” の設立を宣言する。
黒犬団たちに凌辱されるマイア。 サイクロプスに犯されるルー・ルー。
そして巫女衆の目の前でヴォルトらを誘い愉悦の声を上げているカグヤ。
“奉仕国家”……それは、国家に属するすべての女が男に性的奉仕をするという正気を疑う内容だった。
黒の城・地下牢。 うなだれるクラウディアの前に歩いてきた人影が立ち止まる。
六の砦の重鎮・グラーブ将軍の顔が見える。
「お義父様…!」
「自分の息子であるクラウスは種なしだ…。 名門レーヴァンタイン家の優秀な血を残すのが、嫁いだ女の勤め… クラウディアよ、儂の子を産め!」
敬愛する義父の言葉に耳を疑うクラウディア。 構わず、グラーブ将軍は息子の嫁を犯す。
義父に犯される背徳感と恥辱に、理性とは裏腹にクラウディアの身体は反応し、絶頂に達してしまう。
そして中出しの恐怖に震える彼女の耳に、足音が。 見ればそこには最愛の夫・クラウスの姿。
拒絶の絶叫も虚しく、夫の前で膣内射精をされてしまうクラウディア。
(あの人以外の精液をっ…ザーメンを、子宮に…出されてしまった… それも、あの人の目の前で… ああ…許して、あなたっ…)
絶望の涙に暮れるクラウスとクラウディア。 舅将軍に注ぎ込まれた多量の精液が、いつまでもその秘所から流れ出ていく。
媚薬の香が立ち込める女神の広間で、全裸の8人の女たちが傭兵たちに奉仕を行なっている。
舌で、胸で、膣で奉仕を続ける自制心を失ったかつての女傑たち。
背後から突かれながら、ひとつのペニスを左右から仲良く舐め続ける アリシア と プリム。
同じくひとつのペニスを左右からパイズリする マイア と クラウディア。
二つの穴を強烈に突きまくられ、淫らな言葉を叫び続ける カグヤ。
抱き合う オリガ と クロエ は互いの舌を貪り胸をすり合わせながら、それぞれに傭兵のペニスを膣でしごいている。
一斉に放たれたザーメンシャワーに、絶頂に押し上げられる女たちの嬌声が響く。 続きを読む

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ ~カグヤ×ルー・ルー×マイア 柔肌に蠢く蟲、猛り狂う野獣達の夜編~

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ ~カグヤ×ルー・ルー×マイア 柔肌に蠢く蟲、猛り狂う野獣達の夜編~
発売日:2013/11/29
1
女王オリガの国を侵略したヴォルト率いる黒犬傭兵団は、“奉仕国家” の設立を宣言する。
それは、国家に属するすべての女が男に性的奉仕をするという国。
次々とヴォルトの毒牙に掛かる、クロエ、オリガ、アリシア、プリム……
六の砦でキッと北を睨むクラウディア。
白の城・バルコニーで不安な表情を見せるセレスティン。
傭兵団の侵略は、もはや止めることの出来ないところまで迫っていた……
黒の塔・玉座の間で意識を取り戻したマイア。
四の砦の街中で子供や老人を守り勇ましく奮闘していた彼女も、今は旧知の傭兵たちに代わる代わる犯されていた。
「…奉仕国家なんて…… 冗談だろ、ヴォルト……」
秘めていた恋心まで晒され茫然とするマイアを、当のヴォルトは非情に犯し続ける……
崩壊した五の砦・中央広場の見世物台の上。
「このおーーーっ、たかが人間が! 下等生物が! よくもボクの砦をめちゃくちゃにしてくれたなっ! バカクズ死ね死ね死ねーーっ!」
狂犬のようにわめくルー・ルーだったが、怪力封じの首輪により抵抗も出来ず磔にされる。
巨大なナニを持つトロルに処女を奪われ、ミノタウロスのさらに凶悪なモノで失神させられるルー・ルー。
そしてサイクロプスに抱えられ……
「無理だあーーーっ! 絶対無理ぃーーーっ! 死ぬっ、こんなの死ぬってぇ !!」
全壊状態の三の砦。 黒の城に連行されたカグヤ。
「あなた方がいくら私の身体を自由にしようと…… カミに捧げたこの心は奪えません」
その強がりに不敵な笑みを浮かべたヴォルトは、赤鬼と青鬼を呼び処女を奪わせ、いとも容易く絶頂に導く。
続けて蟲を尻に這わせ、媚薬と共に卵を産み付けさせ……
「…この国のすべての女は、男に奉仕する商品になる。 たとえそれが、聖なる騎士や女神の生まれ変わりであっても、だ。」 続きを読む

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ ~アリシア×プリム 奉仕国家抗い編~

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ ~アリシア×プリム 奉仕国家抗い編~
発売日:2012/06/29
1
反逆に堕ちる美貌の姫騎士、白濁に染まる可憐な少女姫
ヴォルトに乗っ取られた黒の城に、オリガとクロエの喘ぎ声が反響する。
“黒犬傭兵団” たちによって、抑えていた性欲を身体の奥から引きずり出されるオリガとクロエ。
苦痛にゆがむその表情が、やがて恍惚なものへと変化していき…… 女王、側近としてのプライドをなくしたふたりは、自ら男性を求めるメス豚へと成り下がる。
女王・オリガの国を侵略した黒犬傭兵団はそこに拠点を移し、かつての同盟軍 “七盾同盟” へと新たに牙を向ける。
国中の女たちが、訪れる不特定多数の男性たちに性的奉仕をする “奉仕国家” の建国宣言を行うのだった。
ヴォルトがまず標的にした “1の砦”。
大臣・ベアズリーの裏切り行為により、あっさりと落城する砦から、騎士団長であるアリシアが囚われの身となる。
自分のことを姉のように慕う “2の砦” の姫君・プリムの無事を約束に、ベアズリーに身体を弄ばれるアリシア。
屈辱と怒りに身を震わせるアリシアだが、ベアズリーのエスカレートしていく変態行為によって段々と身体が順応していき…… やがて甘く切ないうめき声を漏らすようになる。
そして、ついに精液まみれでヴォルトの前に跪くアリシア。
だがそこには、身を呈して守ったはずのプリムがあられもない姿で……
七盾同盟のすべての女たちは、突拍子もない奉仕国家の建国宣言が、嘘でも誇張でもないことをその身をもって知ることになる。 続きを読む

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ ~オリガ×クロエ 黒の城、崩落編~

黒獣(クロイヌ)~気高き聖女は白濁に染まる~ ~オリガ×クロエ 黒の城、崩落編~
発売日:2012/01/27
1
セレヌス大陸の西方に位置する平原地帯・エオス。 その北方の境界線にある七つの砦を中心に、数百年に渡って行われていた同盟軍と魔軍との攻防戦は、ダークエルフの女王・オリガ の力の衰えをきっかけにして、最終的な局面を迎えるように見えた。
女神の生まれ変わりであるハイエルフの呼びかけのもと、“七盾同盟” を結成し魔軍に抵抗し続けた同盟軍は、この戦いに終始を打つため、主人公・ヴォルトを頭とする傭兵団 “黒犬傭兵団” に総力戦の前衛を依頼する。
力が衰え始めたオリガに、黒犬傭兵団の猛攻を抑える手立ては無かった。
側近であるクロエと共に囚われの身となるオリガ。 ヴォルトに乗っ取られた黒の城に、オリガとクロエの喘ぎ声が反響する。
黒犬傭兵団たちによって、抑えていた性欲を身体の奥から引きずり出されるオリガとクロエ。
苦痛に歪むその表情が、やがて恍惚なものへと変化していき…… 女王・側近としてのプライドをなくしたふたりは、自ら男性を求めるメス豚へと成り下がる。
そして魔軍を侵略した黒犬傭兵団は、攻め落とした黒の城を拠点とし、かつての同盟軍 “七盾同盟” に新たに牙を向ける。
驚き、慌て、憤り、悲しみ…… 様々な反応を見せる同盟軍に対して、傭兵軍団を率いるヴォルトが出した宣言に、同盟側の人々は耳を疑った。
国中の女たちが、訪れる不特定多数の男性たちに性的奉仕を行う “奉仕国家” の建国宣言。
女たちは、この建国宣言が嘘でも誇張でもないことを、その身をもって知ることになる。 続きを読む
記事検索
カテゴリー
QRコード
QRコード
PR
エロゲー週間ランキング